気象庁によると台風10号は2日正午現在、マリアナ諸島近海を時速15キロで西へ進んでいる。今後、日本の南を北西へ進み、特別警報級の勢力まで発達し、6日から7日にかけて奄美地方から西日本にかけて接近・上陸する恐れがある。沖縄県大東島地方は5日から6日にかけて暴風域に入る可能性がある。

台風10号の進路予想図(気象庁HPより)

【台風の現況と予想】

 2日正午現在、中心の気圧は990ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は25メートル、最大瞬間風速は35メートルで、中心から半径330キロ以内では風速15メートル以上の強い風が吹いている。

 5日午前9時には非常に強い勢力に発達し、南大東島近海に達する見通し。中心の気圧は930ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は50メートルで、最大瞬間風速は70メートルが予想される。

【警報級の高波と大雨の恐れ】

 大東島地方では台風の接近で風が次第に強まり、5日から6日にかけて暴風の可能性があり、4日から6日にかけて警報級の高波になる恐れがある。南西諸島から西日本、東日本太平洋側の広い範囲でも、5日から7日にかけて警報級の高波になる可能性がある。

 また、台風の動きによっては6日から7日にかけて、奄美地方から西日本で暴風や警報級の大雨になり大荒れの天気となる恐れがある。暴風、高波、大雨に警戒・注意するよう呼び掛けている。