沖縄タイムス+プラス ニュース

菅氏の沖縄政策「負担軽減」追求も振興策との「リンク」際立つ

2020年9月3日 05:19

 自民党総裁選に立候補を表明した菅義偉官房長官は2012年12月の就任直後から名護市辺野古の新基地建設などの基地問題と振興策を差配してきた。「SACO合意」に基づく米軍基地の返還で「目に見える負担軽減」を追求したが、強硬な手法や振興策との「リンク」も際立った。

知事就任後初の会談前に握手を交わす翁長雄志知事(右)と菅義偉官房長官=2015年4月5日、那覇市内のホテル

 仲井真弘多知事がまだ米軍普天間飛行場の県外移設を主張していた13年3月、辺野古の埋め立て承認申請を提出した。同8月、休暇を利用して沖縄に滞在。仲井真氏や経済界の有力者と会談し、那覇空港第2滑走路の工期短縮を約束するなど、承認への環境整備を進めた。

 同12月、振興策や基地負担軽減策の要望に対し、政府は21年度まで沖縄関係予算3千億円台を確保することなどを約束。菅氏は「普天間飛行場の危険除去、負担軽減、沖縄振興をパッケージとして行いたい」と表明し、仲井真氏は埋め立てを承認した。

 承認への過程で仲井真氏との蜜月ぶりが鮮明になったが、14年11月の知事選で辺野古反対を掲げる翁長雄志氏が仲井真氏を破ると一転して、県と対立を深める。「わが国は法治国家」「粛々と進める」などの言葉を使いながら、工事を強行した。

 翁長氏が、圧政で知られる米国統治時代のキャラウェー高等弁務官になぞらえると、「粛々」という言葉を一時封印したこともある。

 北部訓練場の返還に伴うヘリパッド建設では全国から機動隊を投入し、4千ヘクタールの返還を16年12月に実現。知事は式典を欠席する中、「本土復帰後、最大規模の返還だ」と誇示した。

 米軍基地の県内移設と振興策のリンクを示唆し、「(辺野古の)工事が進まなければ予算が少なくなるのは当然でないか」と述べたこともある。

 稲嶺進名護市長が新基地建設に反対していた15年に、市を通さず久辺3区に直接交付する補助金を創設。19年には県を通さず市町村に直接交付する特定事業推進費を設けるなど、新基地建設への協力姿勢によって振興策を使い分けた。

(肩書は当時)

連載・コラム
きょうのお天気
アクセスランキング
ニュース 解説・コラム
24時間 1週間
沖縄タイムスのイチオシ
「健康長寿おきなわ」復活へ! 乳酸菌入り飲料を1カ月間飲み続けてどう変わる?
「健康長寿おきなわ」復活へ! 乳酸菌入り飲料を1カ月間飲み続けてどう変わる?
アサヒ飲料が「健康長寿おきなわ復活」に向けてのヒントを紹介します。
クラウドファンディング「Link-U」
クラウドファンディング「Link-U」
あなたの夢や想いを実現するために、あなたと一緒に挑戦します。
新聞配達員募集
新聞配達員募集
お住いの地域周辺で、空いている時間を活用して働いてみませんか?
五嶋龍デビュー25周年ヴァイオリン・リサイタル
五嶋龍デビュー25周年ヴァイオリン・リサイタル
世界で活動するバイオリニスト・五嶋龍さんを招いてのリサイタルです。ピアノは鈴木隆太郎さん。
那覇市久茂地にコワーキングオフィスhowlive誕生!
那覇市久茂地にコワーキングオフィスhowlive誕生!
howliveは沖縄タイムスが運営するシェアオフィス、コワーキングプレイス。抜群の立地と美しいデザイン、豊富な設備が特徴です。
沖縄タイムスアカデミア
沖縄タイムスアカデミア
一流の講師陣による少人数の連続講座。同じ志を持つメンバーと実践的なテーマを学びませんか!
第72回沖展「特別展」
第72回沖展「特別展」
3D+VRでの鑑賞や、準会員賞・沖展賞などを紹介したYouTubeのスペシャルコンテンツを配信中
「ライトプラン」スタート
「ライトプラン」スタート
得する人生、始めよう!有料記事100本が読み放題。記事閲覧“爆速”体感を。
沖縄こども未来プロジェクト
沖縄こども未来プロジェクト
企業や個人のサポーターの皆様から頂いた支援金で、子どもたちの夢を後押ししています。
「この本を読みましょう」おすすめ図書
「この本を読みましょう」おすすめ図書
大手6出版社のおすすめ図書を紹介。県内書店でぜひ手に取ってみてください。