小笠原近海で発生した台風10号が沖縄地方に接近することについて、沖縄気象台は3日午後、那覇市内で記者会見を開いた。台風10号は今後発達しながら北西に進み、猛烈な勢力で6日午前に大東島地方と沖縄本島地方に最も接近する見込み。大東島地方では記録的な暴風になり、特別警報が発令される可能性もあるという。

猛烈な強さで接近する恐れがある台風10号について説明する沖縄気象台の比嘉良守防災気象官=3日午後

台風10号の進路予想図(気象庁HPより)

猛烈な強さで接近する恐れがある台風10号について説明する沖縄気象台の比嘉良守防災気象官=3日午後 台風10号の進路予想図(気象庁HPより)

 気象台によると、3日午前9時時点で、強い台風10号は北緯20度10分、東経138度30分で、発達しながら西に進んでいる。5日午前9時には、猛烈な強さとなり、中心気圧920ヘクトパスカル、中心付近の最大風速55メートル、最大瞬間風速は75メートルになると予想されている。6日午前9時には中心気圧915ヘクトパスカル、最大瞬間風速は80メートルと見込んでいる。

 沖縄地方では中心気圧910ヘクトパスカル以下、または最大風速60メートル以上で近づくと予想されると特別警報が発表される。

 台風10号の影響で大東島地方では、4日夜のはじめ頃から強い風、5日朝から昼前には暴風になるとみられ、5~6日は警報級の大雨になるおそれがある。本島地方でも暴風に警戒が必要で、5日朝から昼前には強い風、6日は暴風となる可能性がある。大東島地方と本島地方はうねりを伴った高波にも警戒が必要。先島諸島は5日午後から強い風が吹き、進路や発達の程度によっては5~6日に波浪警報を発表する可能性がある。

 気象台予報課の比嘉良守防災気象官は「大東島地方は厳重に警戒してほしい。台風が近づいてきたら明るいうちに台風対策をして、早めの避難が必要だ」と呼びかけた。