強い台風10号は3日午後3時現在、日本の南を時速15キロで西北西へ進んでいる。発達しながら北上し5日から6日にかけて、猛烈な勢力で沖縄県の大東島地方に接近する見込み。6日には沖縄本島地方も暴風の可能性がある。その後も特別警報級の勢力を維持したまま北上を続け、6日から7日にかけて奄美地方から九州に接近または上陸する恐れがあり、気象庁は厳重な警戒を呼び掛けている。

台風10号の進路予想図(気象庁HPより)

 3日午後3時現在、中心の気圧は965ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は40メートル、最大瞬間風速は55メートルで、中心から半径110キロ以内では風速25メートル以上の暴風となっている。また、中心から半径390キロ以内では風速15メートル以上の強い風が吹いている。

【大東島は猛烈な風】

 大東島地方では4日夕方から北東の風が強まり、5日から6日は猛烈な風が吹き、記録的な暴風となる恐れがある。また、沖縄本島地方でも6日は暴風となる見込み。進路によっては5日から暴風となる可能性もある。先島諸島では5日から次第に風が強まる見込み。

 予想される最大風速(最大瞬間風速)は4日、大東島地方で18メートル(30メートル)。5日は、沖縄本島地方で20から24メートル(25から35メートル)、大東島地方で40から50メートル(55から70メートル)。

【高波】

 沿岸の海域ではうねりを伴い、大東島地方では4日明け方から波が高まり4日夜のはじめ頃から大しけとなり、5日は猛烈なしけとなる見込み。高波に厳重な警戒が必要。また、沖縄本島地方では4日夕方から波が高まり5日は大しけとなる見込み。台風の進路によっては宮古島地方も5日から大しけとなる恐れがある。

【警報級の大雨】

 大東島地方では台風の進路によっては5日から6日に警報級の大雨となる恐れがある。4日から発達した積乱雲の下での落雷や竜巻などの激しい突風による被害の起こる可能性があるため、屋外活動に注意するよう呼び掛けている。

 沖縄本島地方と先島諸島では4日にかけて、発達した積乱雲の下での落雷や突風、急な強い雨に注意。

【警報級の高潮】

 台風の接近と大潮の時期が重なっており、大東島地方では5日から6日にかけて、沖縄本島地方では6日に、警報級の高潮になる恐れがある。