沖縄タイムス+プラス ニュース

沖縄県、緊急事態宣言の解除も視野にきょう議論 高齢者の死亡事例続く

2020年9月4日 10:09有料

 沖縄県は3日、新型コロナウイルスに感染し入院していた、うるま市の90代女性と中部保健所管内の70代男性の2人が死亡したと発表した。新規感染は10代から70代の男女20人。県は4日、対策本部会議を開き、5日が期限となっている緊急事態宣言の解除を視野に議論する。 死者の累計は31人。

連載・コラム
記事を検索