非常に強い台風10号は4日午前6時45分現在、日本の南を1時間におよそ15キロの速さで西北西へ進んでいる。5日から6日に特別警報級の勢力で大東島地方にかなり接近する見込み。

4日午前6時現在の台風10号の予想進路図(気象庁HPから引用)

 台風は4日午前6時には日本の南の北緯21度30分、東経135度35分にある。中心の気圧は950ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は45メートル、最大瞬間風速は60メートルで中心の北東側220キロ以内と南西側165キロ以内では風速25メートル以上の暴風となっている。
 5日午前6時には南大東島の南南東約290キロの北緯23度25分、東経132度20分を中心とする半径65キロの円内に達する見込み。中心の気圧は925ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は50メートル、最大瞬間風速は70メートルが予想される。
【高波】
 沖縄地方では大東島地方を中心に4日から7日にかけて警報級の高波となる恐れがある。なお、5日から6日にかけては、沖縄地方などではうねりを伴った猛烈なしけとなる見込み。
 予想される沖縄地方の波の高さは、5日13メートル、6日は9メートル超え
【高潮】
 台風の接近に伴い、沖縄地方では5日から6日にかけて潮位が高くなり、海岸や河口付近の低地では浸水や冠水の恐れがある。
【大雨・雷・突風】
 台風が接近する沖縄地方や奄美地方では5日から6日にかけて雷を伴った猛烈な雨や非常に激しい雨が降り、大雨となる恐れがある。
 6日午前6時までの24時間に予想される雨量は、 沖縄地方、奄美地方 で200ミリから300ミリの見込み。