名護市許田区内の民家で、茎の高さが約180センチのシマヒギリ(クマツヅラ科)が薄いピンク色の花を咲かせた。通称「福地原」の山裾に民家がある許田正高さん(79)が10年前、花鉢から庭に移したのが初めて開花したという。 茎の先端に長さ約20センチの円すい花序に集中して花を付けている。