非常に強い台風10号の接近に伴い、沖縄気象台は5日午前5時までに大東島地方に暴風警報を発表した。台風は6日未明には大東島地方に特別警報級の勢力でかなり接近する見込み。大東島地方と沖縄本島地方では暴風やうねりを伴う高波に厳重に警戒するように呼び掛けている。沖縄本島地方では明るいうちに早めの台風対策が必要だ。
 
 台風10号は5日午前4時現在、南大東島の南南東約300キロを時速15キロで西北西に進んでいる。中心気圧は920ヘクトパスカル、中心付近の最大風速50メートル、最大瞬間風速70メートルで、中心から半径220キロ以内は風速25メートル以上の暴風。5日午後9時には中心気圧915ヘクトパスカル、最大風速55メートル、最大瞬間風速80メートルに発達すると予想されている。
  
 大東島地方は5日朝から、沖縄本島地方は6日から暴風になる見込みで、予想される最大風速(最大瞬間風速)は5日に大東島地方で50メートル(70メートル)、本島地方で23メートル(35メートル)。6日に大東島地方で50~60メートル(70~85メートル)、本島地方で30~40メートル(40~60メートル)。

気象衛星の画像(気象庁HPより)

 大東島地方で予想されている風の強さは、鉄骨の構造物が変形したり走行中のトラックが横転したりする猛烈な強さとされている。
 
 北大東村と南大東村では4日夕までに避難指示が出され、避難所が開設された。5日午前5時現在、村複合型施設に8世帯9人が避難している。