大型で非常に強い台風10号は5日午後9時現在、南大東島の南約40キロにあり、時速15キロで北北西に進んでいる。中心気圧は920ヘクトパスカル。中心付近の最大風速は50メートルで、最大瞬間風速は70メートルに達している。台風は勢力を維持しながら5日夜遅くに大東島地方にかなり接近する見込み。6日午前9時には足を速めて北北西に進み、奄美大島の南東約120キロに達するとみられている。

台風10号の進路図(気象庁HPから)

  南大東村では5日午後9時38分に瞬間最大風速51.6メートルを観測した。同村南大東では5日午後9時20分までの24時間降水量が132.5ミリとなっている。

  沖縄気象台は5日午後6時半、沖縄本島中南部と本島北部に暴風波浪警報を発表した。沖縄本島地方には6日朝に最も近づく見通し。6日昼過ぎには奄美大島付近に進むことが予想される。

 沖縄本島地方では、うねりを伴い大しけとなっており、6日は猛烈なしけとなる.。沖縄気象台は高波に厳重な警戒を呼び掛けている。

 台風の影響で大東島地方は大荒れの天気となっており、沖縄本島地方は曇りで雨の降っている所もある。先島諸島は高気圧に覆われて晴れている。

 6日は、台風の影響で大東島地方と沖縄本島地方は大荒れの天気となり、雷を伴い非常に激しい雨や猛烈な雨の降る所がある見込み。

 大東島地方では猛烈な風が吹いており、今後風はさらに強まり、6日にかけて猛烈な風が吹く見込み。沖縄本島地方でも風が強まっており、6日未明からは暴風となる見込み。

 大東島地方と沖縄本島地方では、6日にかけて発達した積乱雲の下での落雷や竜巻などの激しい突風、急な強い雨に十分な注意が必要。台風の影響により潮位が高くなる見込みで、6日にかけて、海岸や河口付近の低地での高潮による浸水や冠水に注意。

 大型で非常に強い台風10号は6日夜には鹿児島県(奄美地方を除く)にかなり接近し、6日昼過ぎには暴風域に入る見込み。鹿児島県(奄美地方を除く)ではこれまでに経験したことのないような暴風や高波、高潮となる恐れがあり、気象庁は暴風、波浪、高潮特別警報を発表する可能性があるとしている。