本島を南北に縦断する鉄軌道の導入構想。県が設置した有識者委員会は8月、公共事業化の目安となる費用便益比が「1」を超える県試算を承認した。本格的な事業化にはクリアする課題は多いが、一定の評価が得られた格好だ。国も導入には同調姿勢だが、内閣府関係者は「車社会の沖縄で定着するのか未知数。