沖縄総合事務局が2011~19年度の9年間に発注した公共事業のうち、県外企業が受注した契約金額の合計は約1951億5100万円で、全体の約45%を占めることが5日までに分かった。沖縄大・沖縄国際大特別研究員の宮田裕氏の行政文書開示請求で明らかになった。