沖縄タイムス+プラス ニュース

PFOS含まない代替品へ日米で連携 河野防衛相が見解示す 泡消火剤の漏出事故受けて

2020年9月7日 05:30

 河野太郎防衛相は5日、米軍普天間飛行場の泡消火剤漏出事故の原因が米兵のバーベキューだったことの受け止めを問われ、有機フッ素化合物PFOS(ピーホス)を含まない製品への転換に向け、日米で連携していく考えを示した。東京都内で記者団の取材に答えた。

4月に起きた泡消火剤の漏出事故。基地の外の民間地にも大量の泡消火剤が流出した

 河野氏は、PFOS・PFOA(ピーホア)を含まない製品への切り替えについては、エスパー米国防長官もタスクフォースを立ち上げ、関心を持っているとし「日米でしっかり連携していきたい」と述べた。

もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

沖縄の米軍基地の集団感染 発端は米本土部隊から

報告書から異例の「辺野古」削除 海兵隊の沖縄への強いこだわり

「翁長が恋しいです」流れ呼んだ妻の訴え 沖縄県知事選

月額550円で有料記事が月100本読み放題の「ライトプラン」もございます。 

 
連載・コラム
きょうのお天気
アクセスランキング
ニュース 解説・コラム
24時間 1週間