木村草太の憲法の新手

[木村草太の憲法の新手](135)「不自由展」の負担金訴訟 合理性欠く名古屋市主張 市長の言動まず検証を

2020年9月6日 15:01有料

 国際芸術祭のあいちトリエンナーレの「表現の不自由展・その後」の実施から1年がたった。表現内容を巡って、人々の間にも対立が生じているが、現在、名古屋市が交付金の一部を支払わなかったことについて、愛知県との間で訴訟となっている。

人気連載「憲法の新手」が本になりました!

沖縄タイムスのネットショップからも購入できます。

連載・コラム