大型で非常に強い台風10号は、大東島地方から遠ざかりつつあるが、6日昼前まで暴風が吹く見込み。沖縄気象台は沖縄本島地方が今後暴風となる可能性が小さくなったとして、6日午前6時過ぎに暴風警報を強風注意報に切り替えた。大東島地方では吹き返しの猛烈な風が吹いており、引き続き警戒が必要。
 
 台風10号は今後北上し鹿児島県に接近する見込み。6日午前8時までに奄美地方の一部が暴風域に入った。6日昼前から夕方にかけて非常に強い勢力で奄美地方に最も接近する見込みで、気象庁は厳重な警戒を呼び掛けている。

6日午前7時現在の台風の進路予想図(気象庁HPから引用)