沖縄タイムス+プラス プレミアム

「三権一体」国追認判決の衝撃(2)上告を準備していた県 「悲観はしていない」

2016年9月20日 06:00

 「悲観はしていない。まだ県の負けは確定していない」。16日夕、県幹部は強調し、最高裁で闘う意思を鮮明にした。 「辺野古違法確認訴訟」で福岡高裁那覇支部の多見谷寿郎裁判長は、国側の請求を全面的に認めた。訴訟では、県の答弁書提出前に争点整理案を双方に提示。「判決に従うか」と県側をただした。

 

「沖縄の基地問題」もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

 「翁長が恋しいです」流れ呼んだ妻の訴え 沖縄県知事選

 住宅の上を飛ばないで…「これってそんなに難しいお願い?」

 基地維持に「沖縄差別」を利用する米国 日本人の沈黙が支える過重負担

購読者プラン/デジタル購読者プランの会員なら、電子新聞も有料記事も読み放題! 


これってホント!? 誤解だらけの沖縄基地
沖縄タイムス社編集局編
高文研
売り上げランキング: 24,236
前の記事へ 次の記事へ
沖縄関連、今話題です(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
きょうのお天気