沖縄タイムス+プラス ニュース

コロナ禍の旧盆どう過ごした? 密避けるため青年会工夫凝らす リモートウークイも

2020年9月7日 07:00有料

 沖縄では旧盆の2日、コロナ禍ならではの先祖供養が各地であった。感染対策をしながらのエイサー演舞や道ジュネー、親戚をネット中継でつないだ「リモート」でのウークイなど、思いを込めて先祖を送った。 北谷町の栄口青年会(町田清斗会長)は旧盆ウークイの2日、同町吉原の平和の塔で奉納エイサーを実施した。

連載・コラム
記事を検索