沖縄科学技術大学院大学(OIST)は19日までに、カーナビなどに応用されている位置予測の機能が、生物の大脳皮質にある頭頂葉の神経回路で発生している証拠を実験から得たと発表した。