【東京】自民党総裁選に立候補する石破茂元幹事長は6日、国会内で地方紙記者団の取材に応じ、名護市辺野古の新基地建設について「普天間の危険性を除去するために受け入れてくれるのが名護しかなかった。それは基本的に変わっていない」と述べた。石破氏は7月、「とにかく進めるということだけが解決策とは思っていない」と述べていたが、発言を修正した格好だ。

石破茂氏

 石破氏は工事計画の検証についても言及していたがこの点については軟弱地盤に関する情報が諸説あるとし「政府として自信を持って言い切れないと議論の土台が揺らぐ」と、工事への懸念を払拭(ふっしょく)するような検証の意味だとした。

 基地負担軽減のあり方については「(既存米軍基地の日米)共同使用、基地の管理は日本国が責任を持つ場合など、負担を減らすやり方はまだいっぱいある」とした。また日米地位協定改定には「運用改善では足りない。改定を視野に入れないと駄目だ」とした。