日本の領土でありながら中国、台湾が領有権を主張して譲らない尖閣諸島。2012年に日本政府が国有化して以降、中国公船が領海周辺に常駐するようになった。領海侵入は国有化直後を除き、年間延べ100隻前後で推移。中国側の動きに対し、一部メディアやSNS上で扇動的な表現も目立つ。