【東京】鶴保庸介沖縄担当相は20日の閣議後会見で、名護市辺野古の新基地建設を巡る「辺野古違法確認訴訟」で国側の主張が認められた判決が出たことでの沖縄振興への影響について、「判決を見て(振興策を)進めたり、よどんだりすることは全くない」と述べ、影響しないとの考えを強調した。