沖縄防衛局は9日、2019年度に実施した米軍普天間飛行場の回転翼機とオスプレイの航跡調査図の閲覧を同局で開始した。19年12月から20年3月にかけて、飛行場東側の住宅地上空を飛行するケースが目立った。