日本トランスオーシャン航空(JTA、青木紀将社長)は9日、サンゴの再生活動を支援するため、水産土木建設技術センターと「有性生殖・サンゴ再生支援協議会」を設立したと発表した。県内の6社の協賛も得て、漁業者らが実施するサンゴ増殖活動を資金面でサポートする。