警察官や金融庁職員を装った特殊詐欺事件に関わったとして沖縄弁護士会の有志21人が弁護団を結成し、指定暴力団旭琉會トップの花城松一会長代行に約1030万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が9日、那覇地裁であった。