【本部】沖縄美ら島財団総合研究センター(本部町)は10日、西部北太平洋海域に生息しているザトウクジラが、ロシアから沖縄、フィリピンの各海域へ南下していく中で、北海道の太平洋沿岸を経由している可能性があると発表した。 沖縄周辺と北海道の釧路沖で撮影された写真を基に、同一個体を初めて確認した。