沖縄タイムス+プラス ニュース

沖縄の玉城知事、台湾の天才デジタル担当大臣と対談へ IQ180

2020年9月11日 10:43

 沖縄県の玉城デニー知事は11日の記者会見で、「リゾテックおきなわ国際IT見本市2020」で、台湾のデジタル担当相を務めるオードリー・タン氏と特別対談すると発表した。県によると、タン氏は外交専門誌で2019年のグローバル思想家100人に選出され、ネット界では「IQ180の天才プログラマー」などとして名高い。

台湾デジタル担当相のオードリー・タン氏との特別対談を発表する玉城デニー知事=11日、県庁

 10月31日に沖縄コンベンションセンターで開かれる見本市の特別企画として、タン氏がオンラインで登壇し、特別講演のほか知事と対談する。インターネットでライブ配信される予定。

 タン氏は幼少から独学でプログラミングを始め、新しいプログラミング言語開発に携わった。米アップル社のコンサルタントなどを歴任し、35歳で民間からデジタル担当相として閣僚入りしている。

 知事は、台湾が新型コロナウイルスの第1波以降の感染封じ込めに成功していることから「(対策の)主導的役割を果たし、世界的に評価の高いタン大臣と対談できるのを非常に楽しみにしている」と話した。見本市は10月29日から11月1日までの4日間。オンライン展示会は10月29日から1カ月間開催する。

連載・コラム
きょうのお天気
アクセスランキング
ニュース 解説・コラム
24時間 1週間