台湾の防衛産業育成を推進する「国家中山科学研究院」は11日、竹富町竹富島の海岸で見つかった小型無人機とみられる機体について「予備的な判断として、最近の訓練演習で使われた無人標的機である」と同院のホームページ(HP)で発表した。

岩場に乗り上げた無人機と見られる機体=8日午前10時ごろ、竹富町竹富島(上間学さん提供)

 無人標的機は「一般的な訓練で使われるものであり、機密に関する機微な機器やデータは搭載されていない」としている。

 同院によると、無人標的機は訓練を終えた後、海に落下。悪天候のため、日本の領海に漂流したと説明している。既に台湾の対日本窓口機関と調整し、今後手続きに沿って対応していくという。

 無人標的機は8日、竹富島の海岸に打ち上げられているのを散歩中の住民が発見した。オレンジ色で長さ約7メートル、幅約1・5メートル。(社会部・徐潮)