首里城火災の再発防止を検討する第三者委員会が11日に県へ提出した中間報告書は、県議会などで指摘されてきた首里城の設備や管理体制の不備を裏付けた。県、国、財団で役割分担を明確化にした上で、連携して防災対策に取り組む必要がある。