沖縄市知花や松本を流れる比謝川上流の河川の水が、11日ごろから白濁している。原因は不明だが、市の担当者によると土砂が流れ出て濁った可能性があるという。

白濁した水が流れる比謝川=12日、沖縄市知花

 比謝川水系は7市町村、45万人に水が供給される北谷浄水場の取水源の一つ。同日午前、県企業局や市に市民から連絡があり発覚、関係機関が現場を確認した。異臭や魚の死骸などは確認されていない。

 同局によると、県内のダム貯水率が100%に近いことなどから、以前から比謝川のポンプ場からの取水は停止しており、給水への影響はないという。