自民党県連(中川京貴会長)は13日、総裁選に向けた党員・党友による投票(予備選)を開票した。複数の県連関係者によると、投票総数3620票のうち、菅義偉官房長官が6割超の約2270票を獲得し、県連に割り振られる3票を獲得した。 岸田文雄政調会長が約760票と続き、石破茂元幹事長は約570票だった。