全国の警察が、犯罪捜査に顔認証システムの活用を始めたことが分かった。容疑者に迫る有効な捜査手法になると期待される一方、手続きを厳格化しなければプライバシーの侵害や「監視社会」を招くと懸念する声も。