自民党の菅義偉新総裁は、2012年12月の第2次政権発足以降、官房長官として名護市辺野古の新基地建設など沖縄に関する政策を指揮してきた。これまでの発言からは、振興策とのリンクをちらつかせて基地問題を推し進める「強硬」な手法が浮かぶ。