続々と登場する数学漫画や小説。難解な概念などを多彩な手法で伝えている。漫画「数学ゴールデン」では、証明に役立つ「鳩ノ巣の原理」を、5人組の戦隊ヒーローに例えた。作者の蔵丸竜彦さんは「発想を工夫して、少しでも読者の記憶に残せたら」と話す。