2019年2月、沖縄市のインターネットカフェに侵入して男性店員=当時(34)=にけがを負わせ現金約66万円が入った手提げ金庫などを奪ったとして、建造物侵入と強盗致傷の両罪に問われた29歳と28歳の両被告の裁判員裁判の判決公判が15日、那覇地裁であった。

那覇地裁

 小野裕信裁判長は29歳の被告に懲役6年(求刑懲役8年)、28歳の被告には懲役4年(求刑懲役7年)を言い渡した。

 小野裁判長は、包丁を示した29歳被告の責任は「やや重い」と判示。28歳被告は前科がないことなども考慮し、刑を軽くした。