沖縄タイムス+プラス ニュース

沖縄、行政検査でコロナ陽性ゼロ 56日ぶり

2020年9月16日 06:57

 沖縄県は15日、新たに20~40代の男女計4人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。県内の累計感染者数は2297人になった。行政検査で確認された感染者は56日ぶりにゼロだった。県保健医療部の糸数公保健衛生統括監は「感染者数が一桁になり、濃厚接触者など検査の対象者も減っている」などと説明した。

県の新型コロナ感染に関する判断指標と現状

 新たに感染が確認されたのは、医療関係者の20代女性と40代男性、介護施設職員の30代女性、会社員の30代男性で、いずれもクラスター(感染者集団)との関連はなかった。14日に感染を公表した4人のうち1人について、県は再度PCR検査をしたところ陰性が確認され、偽陽性と判断されたことを明らかにした。

 また那覇市立病院で8人の感染が確認されている件について県はクラスターと認定。県内でのクラスターは19カ所目になった。

 直近1週間の人口10万人当たりの新規感染者は4・6人となり、全国で4番目。米軍基地内での感染者は確認されなかった。

連載・コラム
きょうのお天気
アクセスランキング
ニュース 解説・コラム
24時間 1週間