映画「浅田家!」(10月2日公開)の完成報告会が東京都内で開かれ、主演でアイドルグループ「嵐」の二宮和也と、初共演の菅田将暉、妻夫木聡らが登場した。

 「(菅田と)ずっと一緒にやってみたいと思っていた」という二宮。「現場で全然見当たらなくて、どこにいるのかと思ったら隣にいた。(役の)小野君でしかなかった。(役者としての)ステージが違う」とその力量を称賛した。

 一方の菅田は「緊張していたが、『よーいスタート』で二宮さんと目が合った瞬間から、いらない緊張がなくなった。温かい何かに包まれるような現場にしてくれた」と振り返った。

 写真家浅田政志さんが家族を撮影したユニークな写真集「浅田家」などを原案に、家族の絆や写真が持つ力を描く。二宮は主人公の政志、菅田は東日本大震災で汚れた写真を洗浄するボランティアの小野を演じる。

 政志の兄役の妻夫木は、現場での二宮の様子を「熱心に携帯をいじっていて、勉強かと思ったら(オンラインゲームの)パズドラをやっていた。プロ級の腕前だった」と暴露。「半年後くらいにそのままの動きで、パズドラのCMをやっていた」と笑いを誘った。(共同通信)