共同通信 ニュース

「敵基地攻撃」の路線継承か 防衛相に安倍前首相の実弟

2020年9月16日 16:43

 菅義偉新内閣の防衛相には、安倍晋三前首相の実弟岸信夫氏が決まった。前首相は退任直前、ミサイル防衛強化のための「敵基地攻撃能力」を念頭に、新政権に議論を促す談話を発表している。防衛省・自衛隊では「安倍路線を継承する意思表示ではないか」との見方が広がった。活発な中国や北朝鮮の動きを踏まえ「大臣が誰になろうとやるべきことを続けたい」と冷静な声も出た。

 防衛相に決まり、首相官邸に入る岸信夫氏=16日午後3時58分

 自衛隊幹部は、岸氏が、福田康夫、麻生太郎両氏の政権で防衛政務官を経験しているとして「納得できる人事」と評価。敵基地攻撃能力については「政権が代わって議論の行方は不透明だが、前首相の思いを実現したいはず」と話す。(共同通信)

前の記事へ 次の記事へ
連載・コラム
きょうのお天気
アクセスランキング
ニュース 解説・コラム
24時間 1週間