【八重瀬】英国を拠点に活動している一輪車パフォーマー、○-POK(マルポック)さんが11日、南部商業高校で講演した。約70人の生徒を前に、音楽に乗せて華やかなパフォーマンスを披露し、夢をかなえるまでの自身の体験談や心構えを話した。

夢をかなえるための心構えなどを講演した一輪車パフォーマーのマルポックさん(前列中央)=11日、八重瀬町・南部商業高

 3月にプライベートで来県したマルポックさんは、4月に英国へ帰る予定だったが、新型コロナウイルスのため延期に。「この機会に、沖縄の人たちに一輪車の楽しさを知ってもらいたい」と無償で学校講演を引き受けている。

 3歳から一輪車を始め、小中高、大学まで一輪車で通学していたという。パフォーマーになると決めた際には、周囲の反対もあった。しかし、現在は日本で唯一のプロパフォーマーとして、有名歌手のバックで演技するなど、世界的に活躍している。

 「周りにどう思われても、好きなことを努力して続ければ必ずチャンスがやってくる」と生徒たちにエールを送った。

 同高1年の神谷綾香さん(15)は「夢に向かって突き進んでいるところがすごい。一輪車に乗って高速スピンする演技もきれいだった」と感動した様子だった。