沖縄県公文書館は16日、太平洋戦争中に多くの県人が暮らしたサイパンやテニアンなど南洋群島の写真465枚を新規収集資料としてホームページ(HP)で公開した。いずれも米軍が戦時中に撮影したもので、米国立公文書館から入手。