沖縄県宜野座村の海域への赤土流出を受け、玉城デニー知事は16日、被害の大きい海ブドウ養殖業者や村漁業協同組合などを視察した。視察後、「環境を守りつつ、観光産業を振興するためにもさまざまな示唆をいただいた。現場任せではなく、どのように村と連携して対策できるか検討したい」と述べた。