「釜石 東部」と記されたプラスチック製のかごが11日、沖縄県伊江村川平のGIビーチ付近の海岸で見つかった=写真。発見したのは毎朝、日課で近くを散歩する内間末宏さん(68)。縦50センチ、横76センチ、高さ26センチのかごは目立った損傷もない状態で、砂浜に打ち上げられていた。

伊江村に流れ着いた「釜石 東部」と書かれたプラスチック製のカゴ=11日、伊江村川平

 内間さんは「台風10号が沖縄を通過した後に漂着したと思われる。2011年の東日本大震災で岩手県釜石市の漁協で使用されたかごが流されたのではないか」と話した。