琉球交響楽団の第38回定期演奏会が12日、浦添市のアイム・ユニバースてだこ大ホールで開かれた。1年ぶりとなる定期演奏会はバッハ「管弦楽組曲第2番 ロ短調BWV1067」、ベートーベン「交響曲第5番 ハ短調作品67『運命』」のプログラムを組み、熱のこもった演奏で底力を示した。指揮は大友直人。