菅内閣発足から一夜明けた17日、黒田東彦総裁率いる日銀は現行金融政策の維持を粛々と決めた。安倍政権下で「黒田バズーカ」ともてはやされた大規模な金融緩和は、公約のデフレ脱却を果たせず輝きを失った。政府と一体で進めた異次元緩和は出口が見えないまま、さらなる「ひずみ」をため込んでいくのか-。