沖縄市議会の与野党議員ら21人でつくる市東部海浜開発事業推進議員連盟(仲宗根誠会長)は17日、県庁を訪れ、泡瀬干潟のラムサール条約登録に向けて県が同干潟を鳥獣保護区と特別保護地区指定する計画に反対する意見書を提出した。