人は多様な大地の上に立っている。言語はその一つ。多くは母語の揺るぎなさに安住し、素朴に天動説を信じている。けれど別の星から眺めれば、世界の様相は変わる。本書は、そんな「コペルニクス的転回」をさまざまな形で読者に与える。 東京都内の有名私立大で留学生に日本語を教える台湾出身の非常勤講師、柳凝月。