昨年4~7月の4カ月間に一時保護が終了した事例について、厚生労働省が全国219の児童相談所に原因を尋ねた結果、虐待を原因とする保護が約58%(速報値)に上ることが18日、分かった。同省が同日開かれた一時保護に関する検討会で明らかにした。

 厚生労働省(中央合同庁舎第5号館)=東京都千代田区

 厚労省によると、虐待を原因とする保護は、前回調査した2016年同期比で7ポイント増だった。昨年の保護件数は1万3110件で、前回調査から3011件増えていた。

 親元から引き離す一時保護は原則2カ月までだが、超過した事例が16%あり、最長では2年以上の事例もあった。(共同通信)