【東京】経済産業省は18日、非効率な石炭火力発電の縮小に向けた有識者会議を開き、沖縄電力が石炭火力発電の将来計画を報告した。沖電側は送電網が本土とつながっていない小規模独立系統であり、原子力や水力発電の開発が困難な状況を説明。