新型コロナウイルスの影響による大規模減便が長引く中、航空会社で余剰機材を生かした遊覧飛行の取り組みが広がっている。乗客がゼロの場合でも機材の性能維持のため一定期間ごとに飛行させなければならないケースもあり、少しでも収益につなげたい考えだ。