沖縄タイムス+プラス ニュース

「大惨事を避けた」事故への謝罪なく 米軍幹部、稲田氏と面談

2016年9月25日 05:00

 在日米軍のチャールズ・シュローティ副司令官は24日、沖縄県名護市内のホテルで稲田朋美防衛相と面談した際、ハリアー墜落事故について「日米が協力して操縦士を素早く救助し、大惨事を避けることができた」と発言した。稲田氏が「事故は国民に大きな不安を与えた」と指摘した直後のことで、認識の差が浮き彫りになった。

稲田朋美防衛相(右から2人目)との面談で、あいさつをする在日米軍のチャールズ・シュローティ副司令官(左奥2人目)=24日午後、名護市・オキナワマリオットリゾート&スパ

 副司令官は冒頭でも「何よりも第一にお知らせしたいのは操縦士の健康状態が良く、すでに退院したことだ。けがもない」と、まず自軍の構成員に言及した。謝罪の言葉は一切なかった。

 「大惨事を避けた」という発言の真意を聞く本紙の取材には、部下を通して「操縦士を救助できたという意味だった」と説明した。

「沖縄の基地問題」もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

 「翁長が恋しいです」流れ呼んだ妻の訴え 沖縄県知事選

 住宅の上を飛ばないで…「これってそんなに難しいお願い?」

 基地維持に「沖縄差別」を利用する米国 日本人の沈黙が支える過重負担

購読者プラン/デジタル購読者プランの会員なら、電子新聞も有料記事も読み放題! 


これってホント!? 誤解だらけの沖縄基地
沖縄タイムス社編集局編
高文研
売り上げランキング: 24,236

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス+プラス ニュースのバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム

沖縄タイムスのお得な情報をゲット!

友だち追加
LINE@

沖縄タイムスのおすすめ記事をお届け!

友だち追加
LINE NEWS