那覇署は20日、那覇市松山の飲食店で、南風原町の自営業男性(37)の顔面を殴ってけがをさせたとして、在沖米海兵隊キャンプ・ハンセン所属の上等兵(19)を傷害の疑いで現行犯逮捕した。上等兵は「殴っていない」と容疑を否認しているという。

(資料写真)パトカー

 同署によると、同日午前4時12分ごろ、松山のクラブで客の男性の顔面を数回殴り裂傷を負わせた。上等兵は酒を飲んでいたという。