沖縄タイムス+プラス ニュース

「家族写真撮れた」 生活苦の人に晴れ着を格安レンタル コロナで閉店した写真スタジオ

2020年9月21日 10:04

 着物や琉装の衣装を観光客向けに貸し出し、撮影をしていたスタジオが、生活の苦しい人を対象に格安でレンタルを始め、利用者に喜ばれている。新型コロナウイルスの影響でスタジオは閉店したものの自宅に残った着物を「もう一度着て欲しい」と発案。成人式の前撮りや家族写真に使われている。

前泊恵子さんからレンタルした振り袖や着物を着て、撮影する家族=20日、那覇市

 20日午後1時すぎ、那覇市の写真スタジオに振り袖や着物を着た家族3人の姿があった=写真。緊張した様子だったが、だんだんと表情が緩む。女性(40)は2人の娘を前に「きれいね」とほほ笑んだ。

 前泊恵子さん(64)は、平和通りで琉装、和装を貸し出し、着付けや撮影ができるスタジオ「ちゅら美人」を営んでいたが、新型コロナの影響で客足が遠のき4月に閉店。自宅に振り袖など約300着が残った。生活が苦しい人は、より晴れ着になる機会を得づらいと感じ、6月に約1万円で格安レンタルを開始。6月以降、約20件のレンタルがあったという。

 20日にレンタルをしたシングルマザーで会社員の女性=南風原町=は友人を通じて、この取り組みを知った。福岡県に住む専門学生の長女(19)の成人式の前撮りのため着物を借りようと考えたが、次女(11)の十三祝いや家族写真も兼ねようと、3人でレンタル。

 女性は「ずっと撮りたかった家族写真が撮れ、成人式の前撮りもできた。また家族で撮りたいです」と話した。新型コロナの影響でしばらくの間、帰省ができなかったという長女も「楽しく撮影ができた」と笑顔だった。

連載・コラム
きょうのお天気